2017年8月20日日曜日

HANDS OF TIME

こんばんは

WK48が終わり、このチームで精進する日々も2週間を切りました!

先週は、富山県総合体育センターにて、インカレ強化合宿を敢行いたしました。



環境の整った素晴らしいプールで、"本番仕様”の良い泳ぎを追求すると共に、チーム力の一層の向上や、インカレでの戦術などについて考えてもらう機会としました。


今や、Marauderにとって欠かすことの出来ない、貴重な機会といえます。

インカレ合宿としては8年ぶりに訪れた富山。
加藤裕雄先生には、いつものように暖かく迎えて頂き、何一つ不自由なくトレーニングを行うことが出来ました!

ありがとうございました!!!



さて、インカレスピーチですが、2年生に移行しました。

★宇山智貴(BR)

ちょっとした"実験”を披露した上で、心と身体は常に結び着き合っていて、心の持ち方次第で身体は変化するのだという、『心の持ち方』の重要性について力説してくれました。
また、「良くない時」があったとしても、それは全て良い成果に続く道にある、"試練”だと思うことが重要だということも伝えてくれました。

★岡本卓也(IM)

Marauderたちは心·技·体のうち、技と体は優れているとした上で、いかにして”心”の部分が整えていくか、その重要性について説いてくれました。
そして、昔から欲しいものは全力で獲りに行くという姿勢でやってきたので、インカレも、4年生に最高のプレゼントをすべく、全力で挑むと誓ってくれました。


★荻野 剛(FR SP)

Marauderのみんなに、感謝の気持ちを
伝えた上で(特に4年生に対しては1人ずつ...)、「Marauderは、インカレでは”苦しい戦い”になることを予想した上で、そこから勝利の改段を登っていく準備が出来ています。このことこそが僕たちの強みであるし、最終的には会場を味方につけるような力を発揮出来るのだと思っています。」

★金子直樹(FR MID)

感謝の気持ちを心から持つことで、
大きな舞台でも実力を発揮出来るようになるのだということを説いた上で、感謝の気持ちは"表現すべき”だということを強調していました。何気ない一言に、感謝の気持ちが表れていることが凄く大事だ!と。
曰く、「今年の中大のキーワードは、”ありがとう”で行きましょう!」とのこと。是非!


★兼子雄太郎(BK)

「強い選手が必ずしも練習が強いとは限
らない、強い選手は本番が強い。その肝となるのが心の持ち方であり、レース本番時に巧く”自分を騙し”て最高のパフォーマンスを発揮しているのだと思います!」
食事を例に力説している姿が印象的でした。

★小島稔生(FR MID)

挫けることの多かった1年間を振り返った上で、そこから這い上がることが出来たのは、Marauderたちのおかげであることを伝えていました。

「かなり落ち込んだ状態にあったときに、みなさんの気遣いのおかげで、『このチームで戦いたい』ともう一度思うことが出来ました。その恩返しの意味を込めて、インカレでは最高の泳ぎをします!」と語ってくれました。



★堀之内飛向(FR SP)

1人1人の意気込みが記されたチームのフラッグを例にとり、「フラッグに示されているような意気込みで、”魂”でぶつかっていけば、戦いの流れも変えられるのだと思っています。」と言ってくれました。
また、サポートスタッフとして、Marauderに笑顔をもたらすことを宣言してくれました。

★長野凌生(FR SP)

レースに向けた”心の準備”に関する重要性を説き、さらにはレースに臨む際の、いわゆるルーティンの重要性について有益な話を披露してくれました。

また、「僕のインカレでの役割は心から応援をすること。このことは、誰にでも可能であり、実力も、年齢も関係無くみなさんに力を与えることが出来ると信じています。その場所に居なくても心から応援をすることは出来るはずです。
でも、裏を返すと、少しでもネガティブな思いを抱いてしまうと、それはチームに伝わるのだと思います。」

合宿中にパラ日本記録を更新した(!)男が、大切なことを伝えてくれました。



★宮田嵐帆(FR SP)

長野冬季五輪における、男子ショートトラックのS.ブラッドバリーの”奇跡の金メダル”を例にあげて、運を味方につけることの大切さを説いてくれました。

また、北京五輪・競泳男子4継決勝にみられた、"世紀の大逆転劇”を例にとり(米国のJ.レザックが、仏のA.ベルナールを抜き去り、リレー史上世界最速のタイムで泳いだこと)、”最後まで諦めないことの大切さ”について力説してくれました!

全般的に、話が巧いな、と思わせてくれた、今年の2年生たちでした。

合宿の最終日にはFLY・居相良介が1年生のトップバッターとして登場しました。

「自分を信じる力が凄く大切になってくる
と思います。心が不安定になりがちなテーパー期には、僕は自分のいいところを1つづつ考え、『僕はなんて天才なんだろう!』と思うようにしています。また、毎朝起きて鏡を見て『かっこいいな!』と思うようにしたりしています。
こういうことが自信に繋がると思います。Maruderは天才の集まりで、みんな並々ならぬ努力をしてきましたので、みなさん、必ず”自信を持つ”ことが出来る筈です!」

1年生ながら、堂々としたスピーチを披露してくれました!


残り10日となりました。

水泳をやっていて、一番楽しい時期がやってきました!

"高み”を目指し、自分の、そして自分たちの能力を限界無く高めていって欲しいと思います。

僕は、そろそろ、Motivational Videoづくりにも取りかかっていきます!



◎    ◎    ◎    ◎

合宿の前に訪れたいくつかのラーメンを。

まずはおなじみ「口樂」さんの限定。

上が"インドの冷やし中華”、下が”貝
汁にんにくの冷やしつけ麺”。

何れも、一癖も二癖もある、口樂さんならではの独創的な、それでいて当然美味しい冷やしラーメンでした。
それでも、インドの方は、「少量で作った時のクオリティにならず、ちょっと納得いかないですね」と、あくまでも謙虚。

貝汁の方は、最近凝っているという、キャロライナリーパーから作った独自の香辛ダレを数滴加えることで、全く違った味わいになるという計算までしての限定でした。この唐辛子の風味、辛いけど、素晴らしいですね!

相模原のに、気になる煮干しラーメン屋があったのですが、ようやく訪れる機会を得ました。

この「六郷」は、中大のそば(二郎の向かい)にある「六角堂」の姉妹店のようで、煮干し出汁に、六角堂由来の豚骨を合わせたラーメンをウリとしているようです。

個人的には、淡麗煮干しが気になるところですが、まずは看板である”煮干し豚骨らーめん”を頂きました。

エグミのある煮干しではあるものの、豚骨の旨味、甘みがそれを打ち消しているような、程良いバランスの、濃厚な煮干しスープに仕上がっていました。

レアチャーシューもまずまずの出来。麺は、六角堂ばりの細麺でした。ざく切りのタマネギも良かったですし、穂先メンマにも味付けがなされていて、これがまた良い感じでした。

替え玉には、「伊吹」(板橋にある、煮干しラーメンの名店)ばりの、”和え玉”が用意されており(麺に、タマネギとチャーシュー、メンマなどの具が乗っており、特製ダレがかけられている)、これだけで、まぜそばのようにいただけます。

煮干し豚骨が少し薄味だったので、”和え玉”が程良い塩加減に感じます。

半分くらい食べたところで、スープを投入。
結果、美味しく頂けました。

今度は、煮干しの量がもっと多い(らしい)、”淡麗”を頂きに行きます!

それでは!!!

2017年8月13日日曜日

EVERYBODY'S LAUGHING

こんにちは


47週目が終わりました。

現在、合宿先である富山に向かうバスの中です!

富山をインカレ合宿で使わせて頂くのは実に8年ぶりのこと。楽しみにしております。

47週目は、所謂ブロークンタイプ・レースタイプのトレーニングが中心となりました。

週末には、チーム全員で臨む、伝統の”The Race”が行われました。



これが盛り上がらないわけがなく、天候が今ひとつの中(今年はクラウディな日がとても多い...)、インカレ前最後の"チャレンジ”的なトレーニングということで、熱い"気持ち”をみせてくれました!

これからは、より"洗練させていく”方向になっていくかと思いますが、みんなで臨んだこの日の気持ちを大切に頑張っていって欲しいと思います!






選手スピーチ、今週は、日替わりで3年生が登場した、"3年生ウィーク”になりました。

週明け月曜は、中大のエースになりつつある、スプリンター・坂井孝士郎がトップバッターに。


「大切なことなのに忘れがちなことは、僕たちは恵まれた環境で水泳が出来ているということ。スタッフ、監督、コーチ、マネージャーにサポートしてもらい、最先端のトレーニングを毎日当たり前に出来ています。

でも、1番"凄い”ことは、インカレで総合優勝を目指せているということ。これは、これまでのOBの方々が総合優勝を目指せるチームづくりをしてきて、今の体制・環境を作利あげてくれたからだと思います。

この感謝の気持ちを、直接OBの
みなさんに伝えることは難しいので、総合優勝で示すしかないと思います。総合優勝を目指して努力することもそうだし、総合優勝を目指しづけられるという伝統を”繋いでいく”ことが僕らの義務であり、責任だと思います。」


その日の午後は、クールなBRストローカー・須藤大貴が登場。

「最近、水泳関係以外の人と話すこと
が多く、そういった時に自分の水泳のことを話すと「凄い!」と言われます。人は誰でも何かしら1つ凄い才能を持っていると思いますし、ここにいる皆は少なからず素晴らしい水泳の才能を持っているのだと思います。

僕は、水泳以外で、他の才能を1つ付加することが出来れば、もっと素晴らしい結果を出すことが出来るのだと感じています

「幸せを感じる時っていつだろう」と問われれば、僕は自分の才能を見つけた時だと思っています。ひとりひとりが水泳とは別の才能を水泳に応用させることが出来ればもっと良いな、と思っています。」
(スピーチ時の写真がなくてすみません)




火曜日はイチバタのエース、高橋一貴がちょっとしたハプニングを乗り越え、インカレにおける”1点”の重要性を説いてくれました。


「もしも、僅差でインカレを負けてしまったら?ということ、深く考える機会がありました。3点差で敗れるという夢をみたのです。

僕は100mバタフライに出場しますが、自分1人で4点を上げるのは凄く難しい。でも、ここにいる皆さんが1点ずつ多く取れば、30点以上上げることが出来るので、簡単に勝つことが出来ます。強い選手ばかりではなく、ひとりひとりが、1つでも順位を上げるという意識で取り組むことで、総合優勝を手繰り寄せることが出来るのだと思います。

僕が中大に入って学んだことは、「素直な気持ちを持つ」ということです。OBの大本鷹志さんから「どんなことも先ずは受入れ、最終的に自分でその中から自分に合うものを選べば良い。最初から物事を否定しない」ということを教わりました。

「自信」と「過信」とは紙一重だと言います。両者の違いは”素直な心”があるかないか、だと思います。「過信」は自分の良いところだけを見ること。一方、「自信」は自分の良いところも悪いところもきちんと見た結果出てくるものではないでしょうか。僕自身、”素直な心”を持ってやれてきたので、泳ぎが崩れた時なども、周囲のアドバイスを吸収し、修正出来るようになりました!」



木曜日には、笑顔が素敵なスプリンター・福重浩太が話を繋ぎました。

中大は笑顔が"凄い”チームで、友達からも中大の雰囲気が良いね!と言われます。

僕は、チームが素晴らしくて、心に余裕があるから笑顔になれるし、結果、雰囲気が良くなるのではないかと思っています。

高校生の時にみたインカレが凄く印象的で、ほぼ総合優勝出来ないことがわかって臨んでいるはずの800mリレーで、中大の選手が笑顔で堂々とレースに臨んでいました。心理的にも厳しい状況の中、『なぜあんなに良い顔ができるのか?』と思いました。


観客席から見た中大は、その時優勝した大学よりも格好良く映りましたし、僕の中では大きな存在になっていました。

4年生のみなさんには、”最高の笑顔”で水泳人生を終えてもらいたいです!」



そして、"The Race"の日にはいぶし銀・藤原諒大が。

「かつての恩師に、『過去と他人は変えられない」ということを教わりました。自分の考えを柔軟に保つことが大切だというように解釈していましたが、最近この言葉の解釈が少しずつ変わってきました。


『過去の出来事』があるから、今があるのであり、悪い過去でも良い過去に出来るのではないかと考えるようになりました。そんな中、純平さんが話してくれた、『どんなことが起きても、”全てはインカレで天皇杯を獲るため”と考えれば良い。少しのことでは動じないことが大切』という言葉は心に沁みました。

本音で言い合い、ぶつかってきてくれて、本気で「それは違うんじゃないか」と言ってくれるこのチームは、自分を変えてくれました。人を変えられる力を持つチームが負けるわけがないと思っています。

また、深澤康平さんのお父さん
から「今から99%の力で頑張っても、それが積み重なれば元の1という数字からどれだけ下がるか、反対に1.01の力を出せばそれが積み重なるか!」という話も僕の心に響きました。

選手35人、マネージャー12人、スタッフ含め50人全員がインカレまで一人一人のことを考えて行動していけば大きな力が生まれると思います。1人でもマイナスになればチームの力もマイナスになります。中央大学は個々の力+チームの力で戦わないといけないと思います!」



そして週末土曜日には、満を持して次期リーダーの龍宏樹が登場。


「”運“と“インカレ総合優勝までのプロセス“について話したいと思います。

インカレ総合優勝のためには、日々の練習量なども勿論重要なのですが、“運“が無ければ果たせない目標だと思っています。

日々の生活の中で”徳を積み”、運を貯めていくことは無視できません。少しずつで良いから、良い行動を積み重ねていくことで、何れはその行動が”習慣”になるはずです。

習慣になるまで良い行動を取れるということは、自分自身にも余裕が生まれてくるはずです。残り僅かではりますが、意識して、小さなことからで構いませんから、”徳を積む”ようにして欲しいと思います。

「結果が良ければ全て良し」という言葉がありますが、僕は必ずしもそうだとは思っていません。このチームは選手権が終わってから全員でまとまって、高め合ってここまで来ました。総合優勝という結果を出すためのプロセスを、全員で踏んできました。本気になってみんなで頑張ってきた、このプロセスことが大切なのだと思っています。


自分のことを、みんなを引っ張っていける選手にしてくれた4年生のみなさんには、何としても日本一という称号を受け取ってほしいです!」

次期リーダーたちの熱い想いが伝わってきた1週間となりました。

いよいよ20日を切りました!
天気はイマイチな日が続きますが、心は"熱く”、富山の地でも頑張りましょう!






◎    ◎    ◎    ◎

またまた、唸らせるような美味しいラーメンを提供してくれる素晴らしい店に行くことが出来ました。


八王子市役所近くの、「睡蓮」さん。口樂の店主が「是非とも行ってみたい店」の一つとして紹介してくれました。

時間を作れたので、プラっと行ってきました。

頂いたのは限定の”鶏と白醤油そば”

ビジュアルの美しいラーメンが来ました。

店主が拘りぬいて選んだという白醤油由来の甘みが、丁寧にとられた鶏の出汁に絶妙にあっており、至極美味。

ここも(遠いけど)ちょっと通ってみたいなー



続いて、町田の有名店「進化」(駅前の方ではない)。

たまたま近くを通ったので寄らせていただきました。

塩ラーメンは、ビジュアル的にはどれも
同じようにみえてしまいますが、さすが塩ラーメンで有名になった名店、味わい深い清湯系のラーメンを食べさせてくれます。

最近では、"鮮魚系ラーメン”が流行だそうで、ここでも、鮮魚系の限定ラーメンを食べることが出来ます。


その名も”鯛煮干しの冷たい塩ら~めん”。
丁寧にとった出汁と、拘りの塩が織りなす珠玉の味わい。
名店と言われる理由が何となくわかります。

そういえば、睡蓮さんの店内にはこんなタオルが貼ってありました。

良いですねー


それでは!







2017年8月7日月曜日

SHOOTING AT THE SUN

こんにちは!

47週目に突入しました。


先週中盤に、大学の期末試験も終了し、漸く”そこ”に向けて集中出来る日々がやってきました!

まさに、”この日”が来るのを待っていたわけで、1年の中でもっとも充実した日々になっていくことでしょう。

しかし、激烈に頑張ってきた結果、身体はなかなか思い通りに動かず、良い泳ぎで頑張りきることが難しい選手も出てきています。

Crash & BurnやThe Raceなど、レースに直結するようなトレーニングが多いため、思い通りにいかない日々が続くと、精神的にキツい状態に苛まれることでしょう。

そんなときも、どれだけ「良い泳
ぎのイメージ」を崩さずに乗り越えられるのか...。そして、目標を再確認させることが出来るのか...

所謂”不調”は、目標達成を崩す一番厄介なものです。
それでも、”勝つイメージ”や”良い泳ぎのイメージ”をきちんと保ちながら練習に臨むことで、自分の意識を再び目標の方へ向けさせることが出来るようになるのだと思います。

場合によっては、目標変更が有効になることもあるかと思いますが、人生で”一度きり”の素晴らしいチャレンジをしようとしているわけですから、当初しっかりとイメージすることが出来た、自分を奮い立たせるような目標は出来る限り保ち続けて欲しいな、遠います。

無理な目標を設定したのであれば仕方ありませんが、自分が”出来る!”と思って考えたゴールなのであれば、実現出来るハズですから!!!




さてさて。

スピーチも順調に進んでおります。

4年生のシンガリは、深澤康平(最後の最後に副将が待っていますが、ひとまずは。)

 高校時代は、ほとんど1人で練習している感覚でした。だからこそ、中大水泳部を見学した時、衝撃を受けました。皆が声を出し、皆で”壁”を乗り越えていることが凄いと思いました。

高校までは、自分の結果が良くなくて、周りの選手の結果が良いと、「なんでだよ!」と思っていま
したが、中大に入り、1年時のインカレの頃にはその考え方は大きく変わり、たとえ自分が良くても、仲間の結果が良くなければ嬉しくないと感じるようになりました。

そして何よりも、チームで何かを成し遂げることの凄さを身をもって感じることが出来たのが、自分の中で財産となりました。

インカレ優勝という目標は、”みんな
と一緒に”勝ち取りたい、水泳人生最後の生き甲斐です。

もう、落ち込んだり、悩んでいる暇はありません。何があっても笑顔でやりきりましょう!!!」

と、その”熱い”想いを披瀝してくれました。



その後、スピーカーは3年生に移りました。

トップバッターはIM、鵜池海大

”感謝する”気持ちを、みんな持っているとは思いますが、
”泳げていること”に対し、心から感謝出来ているヒトは少ないのではないでしょうか?

僕自身は、昨年、インカレに出場することが出来ず、本当にキツい思いをしましたが、その経験から、”水泳を出来ていること”に心から感謝の気持ちを持つことが出来るようになりました。

インカレが近づいていく中で、練習や生活で、”メリハリ”をつけることが大切だと思います。ふざ
ける時もあるとは思いますが、自分が中大に何故来たのか、どのような熱い気持ち、信念をもってこのチームに入ってきたのかを忘れなければ、”ふざけすぎる”ことはなくなるのだと思います

自身の貴重な体験から得たとても大切なことをしっかりと伝えてくれました。



続いてバタフライ、熊谷和哉。

中大水泳部は、様々な人に支えられています。見えないところで支えてくれている人、応援してくれている人がいるということを忘れてはならないでしょう。

初めて訪れた合宿地でも、大きな力を貸してくれる支援者が現れるのは、中大水泳部が何かを持っているからだと思いますが、そういった方々のためにも、結果を出さなければならないと思います。

インカレでは、厳しい戦いが待っているとは思いますが、そういった状況の中で勝つことに”価値”があるのだと思います」

ここでも、感謝の気持ちの大切さが説かれていました


そして、ディスタンスのリーダー、小松代和磨。

「感謝の気持ちを、”ありがとう”と言う言葉できちんと伝えることはとても大切です。当たり前のことなのですが、みなさんは出来ていますか?

”ありがとう”を口に出すのが恥ずかしいとか、サポートしてもらっていることに気づいていないのか、なかなか言えていない場合があるようです。

そんな、”当たり前のこと”をきちんと出来るチームは芯が強いし、総合優勝を目指せるチームなのだと思います。

”ありがとう”を言うことで、”嫌な感情”もなくなっていくはずですから、もっともっと、”ありがとう”が言い合えるようなチームを目指しましょう。

感謝の気持ちを表現することの大切さ
を強調し、かつ4年生へのエールを込めた良いスピーチをしてくれました。

これからも、支援・応援してくれる人を増やすことが出来る、そんな競技者を目指して欲しいし、そんなチームになって欲しいと、僕も思っています。



◎    ◎    ◎    ◎


先週は、青梅に用事があったため(正確には河辺)、念願の「丸孫商店」に行くことができました。

その支店とも言える「凜々」(拝島)がとてつもなく美味しいラーメンを提供してくれたため、期待はメチャクチャ高まります。久々にワクワクしながら着丼を待ちました。

オーダーしたのは”特製貝魚煮干し中華そば”

「凜々」同様、ここDRは”特製”にすることを強くお勧めします。

ビジュアルからして超美しそうなラーメンになっているところは、凜々同様、芸術的。

味の方は、凜々のそれよりも貝
風味が強く、より味わい深い逸品に仕上がっていました。もう、まさに期待以上の味。

”特製”のトッピングは、レアチャーシューのほか、ハマグリ(ホンビノス貝)、牡蠣など、これも「凜々」のそれとはちょっと違います。

替玉を頂いた後は、この店の名物、”スープ割り”を。
この日は、”シークワーサーと貝のスープ”で割ってくれました。

シークワーサー由来の酸味だけではなく、貝の出汁がさらに強くなることで、素晴らしい味変が楽しめます。

遠いいけれど(大学から1時間)、また行きたいな!と思わせてくれるお店でした。

その翌日にもう1回河辺に行ったのですが、この日は帆立スープが人気の「龍世」へ。

清湯スープなのですが、帆立の旨味が凝縮されている、とても美味しいラーメンに仕上がっていました。

海苔の上に帆立ペーストが乗っており、
これを溶かしていくと、より濃厚かつ味濃いめの帆立塩ラーメンに変わっていきました。

幾重もの旨味が深みとなっていた丸孫商店と異なり、ストレートな旨さを堪能できた、という感じですかね。

河辺の名店2軒、僕はマルソン派です。

それでは!